読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かな~りイイ感じに進化した「iVIS mini X」

かな~りイイ感じに進化した「iVIS mini X」

 2014年10月2日に発表されたキヤノンの「iVIS mini X」を「ガスッと予約」し、2014年10月16日に購入しました。それから約1カ月程度使いましたので、その使用感などを書いてみたいと思います。

 
キヤノンの「iVIS mini X」。自由な撮影スタイルでフルHD動画や静止画を撮影できる新機軸カメラです。ポケッタブルなサイズで、バリアングル液晶や自立スタント、大口径ステレオマイクを内蔵。新型バッテリーにより約2時間40分の連続撮影が可能になっています。実勢価格は3万3500円前後。
 

 2013年9月2日に発表された従来機種こと「iVIS mini」は、超広角レンズを搭載し、演奏やダンスなどを「自分撮り」するというコンセプトのデジタルビデオカメラでした。で、その後継機種が「iVIS mini X」というわけですな。

 なかなかユニークな従来機種「iVIS mini」でしたが、細かな使いにくさがけっこーありました。たとえばバッテリー。「連続使用時間が約65分/実使用時間約45分」てな感じでした。長時間撮るようなスタンスでは使えないんですな。ワタクシの場合、「iVIS mini」を取材目的で使ったわけですが、この電池の保ちの悪さはを克服すべく「電源ケーブルの自作」をするハメに。

 あるいはボタン類の使いにくさ。静止画撮影は本体横のボタンで、動画撮影はタッチパネル上の録画開始ボタンで、みたいな感じでイロイロとチグハグ感がありました。電源オフの状態から再生ボタンを押すと即起動して映像を観られたりしましたが、このボタンを不意に押してしまってムダに電池を消費してしまうというビミョーな問題もありました。

 ちなみにこの再生ボタン問題は「iVIS mini」のファームウェアアップデートで改善されます。ので、「iVIS mini」ユーザーの方はサクッとアップデートを。

 さておき、細々した使いにくさがあった従来機種「iVIS mini」でしたが、何かと便利で、何しろ「取材には超便利」だったので使い続けました。そして新型「iVIS mini X」が登場。

 新型「iVIS mini X」は「約2時間40分の連続撮影が可能」ということで、この時点で購入をキメました。ワタクシにとって何だかんだ言って超便利だった「iVIS mini」。その最大の弱点であるバッテリー持続時間が大改善された!! ってコトで大歓迎激購入ってわけです。

 購入後、早速使用を開始しましたが、相変わらずの便利度。また機能・性能の追加や洗練があり、従来機からかな~りイイ感じで進化しています。てなわけで以降、ワタクシが「iVIS mini X」をどんなふうに使っていて、どう感じているかなどを書いてみたいと思います。なお、「iVIS mini X」の画質や音質や新機能などについて、小寺信良氏の「週刊 Electric Zooma!」にも詳しいレポートがありますので、そちらもゼヒ!!

幻想神域 RMT